年齢共に気になり始めるシミ。

そのシミケアに高い効果が期待できると評判の「ビーグレン」には、ハイドロキノンという成分が配合されています。

その言葉を耳にしたことのある方は少なくないと思いますが、ハイドロキノンにどういう効果があるのか、ご存知でしょうか?

今回、ハイドロキノンが持つ効果に焦点を当ててとことん調査してみたので、気になる方は最後まで読んでみてくださいね。

1 ビーグレンのイチオシ成分

ビーグレンはハイドロキノン化粧品としても有名です。

もちろん、トライアルセットにもハイドロキノン配合の「QuSomeホワイトクリーム1.9」が含まれています。

【トライアルセット】
・クレイウォッシュ(15g)
・QuSomeローション(20mL)
・Cセラム(5mL)
・QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
・QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンは、もともとは医療機関でシミ治療に使用されていた成分です。
その配合量が4%を超えたものは医薬品に分類され、医療機関に行かないと手に入れることはできませんでした。

ハイドロキノンに期待できる効果は次の2つです。

 

1.メラニン抑制効果

チロシナーゼという酵素が活性化するのを抑制し、メラニン生成を防ぎます。
肝斑や老人性色素斑などの痣を除いたシミ、色素沈着などに効果が期待できます。

美白化粧品によく配合されているアルブチンやビタミンC誘導体にも同じ働きがありますが、ハイドロキノンはその100倍ものパワーがあるといわれているんです!

ハイドロキノンのパワー

引用元:https://i-voce.jp/feed/8556/

 

2.シミを薄くする効果

紫外線を浴びると、細胞が傷つかないようにメラニンが作り出されます。
メラニンの生成と排出のバランスが崩れたとき、メラニンはくすみやシミへと変わってしまいます。

ハイドロキノンには、そのできてしまったシミを薄くする力があるため、すでにあるシミもケアできるというわけです。

なぜハイドロキノン配合の化粧品が少ないのか

ハイドロキノンは、安定しづらい・刺激が強い・浸透しづらいというデメリットがありました。
そのため、ハイドロキノン配合の化粧品は、他のシミケア化粧品に比べて数が少ないのです。

 

そのデメリットを解決したのが、ビーグレン独自のテクノロジー「QuSome(キューソーム)」

 

髪の毛の太さよりもずっと小さいカプセルでハイドロキノンを包み込むことで、肌バリアに弾かれずに肌の中に浸透できるようになったのです。

また、カプセルに入っているため、ハイドロキノンも安定し、刺激を抑えることが可能となりました。

2 ビーグレンの他の成分

ビーグレンには美白効果が期待できる成分や、ハリつやアップ効果が期待できる成分もたっぷり配合されています。

 

商品名 美白成分 その他の成分
クレイウォッシュ カミツレエキス ・グリチルリチン酸2K
・スクワラン
・ヒアルロン酸
QuSomeローション ビタミンC誘導体 ・アッケシソウエキス
・ オリゴペプチド
Cセラム ビタミンC誘導体 ・βホワイト
QuSomeホワイトクリーム1.9 ・ビタミンC誘導体
・ビタミンE
・アップレビティ
・ハイビスカス花発酵液
・ オリゴペプチド
QuSomeモイスチャーリッチクリーム アセチルテトラペプチド-2

 

ここで気になるのが〇〇ペプチドという成分。

ペプチド系の成分は、私たちの体にもともとある成分に似せて作られたものが多いです。
そのため、肌に不足しているものを補い、ハリを取り戻してくれる働きをします。

 

これだけたくさんの肌にいい成分が配合されているわけですから、美肌効果がすごいと人気になるのも納得ですね。

3 ビーグレンに含まれている成分のQ&A

ロングヘアーの女性

ハイドロキノンって安全な成分なんですか?
ハイドロキノンは高い効果を持つ成分です。そのため、刺激が強いのが問題点でした。しかし、ビーグレンでは独自の方法でハイドロキノンを配合しているため、低刺激で安心して使えます。
副作用はありますか?
もし肌に合わない場合は、痒みや赤みなどが出ることもあります。使用前にパッチテストを行うようにしてください。

4 ビーグレンのまとめ

ビーグレンの配合成分についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

ビーグレンには、ハイドロキノンをはじめとする美容成分が豊富に配合されているのがわかりましたね。

どの成分も魅力的で、これなら美白・シミケアができると感じることができました。

肌のお悩みを抱えている方、ぜひビーグレンで美肌を手に入れてください!

おすすめの記事